浄土真宗本願寺派 福泉寺            永代供養塔 合掌廟 本文へジャンプ



ペット霊園・供養墓
 千の風になって


〒409-1302
 山梨県甲州市勝沼町菱山2347
 宗教法人 福泉寺

TEL 0553-44-1888
FAX 0553-39-8871

ペットの隣でも永代供養






     


ぶどうとワインのまち 南アルプス連峰と甲府盆地を一望する寺
勝沼ぶどう郷駅の桜並木と甲府盆地の展望


浄土真宗


浄土真宗


本尊

 本尊とは信仰のよりどころとなる仏様のことで、浄土真宗は派を問わず全て阿弥陀仏一仏であります。
 名号本尊としては、「南無阿弥陀仏」の六字名号のほか、「南無不可思議光如来」の九字名号や、「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号などがあります。

--------------------------------------------------------------------------------

南無阿弥陀仏とは

 もとはインドの言葉で、「阿弥陀」は、限りない命(無量寿)と、はかりしれない光明(無量光)をあらわします。また、「南無」には「頼りにする、信ずる、帰依する」といった意味があることから、「南無阿弥陀仏」とは「無限の命と光明をかねそなえた仏様、あなたを信じ、頼りにします」という意味になります。
 なお、阿弥陀仏は阿弥陀如来ともいいますが、「如来」とは「真如の世界から救うために来てくださる」ということを意味しています。

--------------------------------------------------------------------------------

経典

 浄土三部経(「仏説無量寿経」 「仏説観無量寿経」 「仏説阿弥陀経」)を根本聖典としておりますが、なかでも「仏説無量寿経」は、親鸞聖人が「真実の教えはこの経典である。」と位置付け、浄土真宗ではもっとも重要なものとされております。
 「仏説無量寿経」には、衆生を救わずにはおかないという、阿弥陀仏の四十八の誓願(誓い)が説かれておりますが、なかでも十八番目(本願)はその根本をあらわすもので「念仏往生の願」とも呼ばれ、阿弥陀仏の真実心を領受し、念仏をとなえる身となりましたら、必ず浄土へ生まれることができるのです。
 「仏説観無量寿経」は、お釈迦さまが、悩み苦しむ人にとって念仏が大切あることを説いております。
 「仏説阿弥陀経」は、極楽浄土の荘厳たる様子が描かれ、念仏の行をすすめ、さらに十方の諸仏たちが念仏による救いの正しさを証明していることを説いております。



--------------------------------------------------------------------------------

宗祖 親鸞聖人

 平安時代の末期、世は貴族社会から武家社会へと大きな転換をとげようとして、戦乱と天災があいつぎ、乱れに乱れていました。その頃、京都郊外に生まれた親鸞聖人は、九歳で出家して比叡山に登り、修学に励みました。 
 しかし、聖人はその修行でさとりを得ることはできませんでした。また、出家して修行できない者はさとりと無縁なのか、という疑問もありました。
 そんな苦悶の日々の中、夢のお告げなどもあり、聖人は二十九歳で比叡山を下り、京都吉水におられた法然上人について浄土教を学びます。
 これは、阿弥陀仏を一心に念ずること(専修念仏)によって、仏の慈悲の力が、わたしたちを浄土へ導いてくださるという教えです。
 しかし、念仏の教えは時の権力の弾圧を受け、法然上人は土佐へ、親鸞聖人は越後へ流されました。のちに許されてから関東に移り、約二十年のあいだ教化活動に励まれました。そこで、多くの人々と語らいながら、念仏の信仰をいっそう深めていかれたのです。
 そして六十二、三歳の頃、京都にもどられ、著述に専念し、九十歳で亡くなりました。それまでの教えを受けた子孫や門徒たちの努力によって、聖人の念仏の教えは次第にひろまっていき、親鸞聖人は宗祖と仰がれるに至ったのです。

--------------------------------------------------------------------------------

本山

 本願寺派の本山の西本願寺と、大谷派の本山の東本願寺は、ともに京都市下京区にありまして、それぞれ「お西さん」「お東さん」の呼び名で親しまれております。

--------------------------------------------------------------------------------

在家仏教

 親鸞聖人は、自らを「愚禿」といわれました。還俗させられて越後に流されてからのことです。
 愚禿というのは、禿頭で出家のようでも、愚かな俗人だということです。その愚かな俗人という自覚から、「絶対他力の教え」を確立されたのです。ですから、浄土真宗はもともと在家仏教だったのです。阿弥陀如来を信じ、念仏する者にとって、仕事も、日常生活も、それがそのまま如来への報恩として光り輝くのです。

--------------------------------------------------------------------------------

信心と念仏

 一般的には、われわれが思いをこめて神仏に祈ることを信心といいますが、真宗ではそのようにはとらえません。
 信心とは、どんなことがあっても、必ず浄土へ救うという、阿弥陀仏の本願を聞きひらいた、疑いのない心をいうのです。すなわち信心は、阿弥陀仏よりたわまる真実心のことであり、煩悩に根ざした凡夫のはからい心をいうのではないのです。凡夫が往生するのには、この仏の真実心をいただくこと以外にはないのです。
 親鸞聖人は、往生するための「行」は凡夫にかわって阿弥陀仏が修し、凡夫がとなえやすいように、「南無阿弥陀仏」の名号として与えてくださるものであるのです。そしてその名号を素直に受けとるという「信」も阿弥陀仏のはたらきによりいたり届くものであるとし、凡夫の側から起こすものではないと説いております。
 したがって、「行」も「信」も他力回向としてあるのです。真実の信心をいただくということがそのまま、「南無阿弥陀仏」とお念仏申す身となることになるのです。

--------------------------------------------------------------------------------

絶対他力(他力本願)とは

 他力といいますと「他人まかせ」という意味で誤解されがちですが、そうではありません。他力とは阿弥陀仏の本願力のことをいいます。
 本願とは、真実の根本聖典である『仏説無量寿経』に説かれるもので、阿弥陀仏が悟りを開く前、まだ法蔵という菩薩のときに起こした四十八願(誓い)をさします。そのなかでもとくに第十八願は、「私が仏になったとき、あらゆる衆生が、私のまごころを受けとって、疑いなく信じ、私の国(浄土)に生まれようと願って、南無阿弥陀仏と私の名前をとなえるであろう。もし生まれることができないのなら、私は仏とならない」と誓っております。この誓いを、長期間の修行によって成しとげ、悟りを開いたのが阿弥陀仏であります。
 このように衆生に「南無阿弥陀仏」という名号を与えて救うという阿弥陀仏の本願のはたらきを、他力というのです。
 しばしば、他人まかせで何もしないという意味で「他力本願」が誤用されることもありますが、本当は、むしろ、阿弥陀仏のほうより智慧と慈悲を恵まれることによって、力強く、明るく、精一杯生き抜く人生が開かれてくるのです。

--------------------------------------------------------------------------------

悪人正機とは

 悪人正機とは、悪人こそが阿弥陀仏の救いのめあてだとするものであります。「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」(『歎異抄』第三章)という言葉が、悪人正機を語るものとしてよく知られております。ここでいう悪人とは、どんな行によっても迷いを離れることのできない救われがたい凡夫のことであります。その凡夫を見捨ててはおけないというのが本願の本意であります。阿弥陀仏の願いは、このような悪人の救済のためにおこされたと説かれております。
 ただし、悪人正機の教えは、悪行をすすめるものと誤解してはなりません。真実に背を向けている悪人を、真実に向かわしめようとする阿弥陀仏の願いであることを、心得るべきなのであります。






   〒409-1302
 山梨県甲州市勝沼町菱山2347
 宗教法人 福泉寺
 TEL 0553-44-1888  FAX 0553-39-8871
 Mail     katsunuma@fukusenji.net 

 
無断転載を禁じます。(C) 2004 宗教法人福泉寺 All Rights Reserved.